冷やし中華の糖質制限レシピ(そうめんかぼちゃ)

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

冷やし中華を糖質制限に

冷やし中華はじめましたw


・・ということで、夏に欠かせない
メニューのひとつが冷やし中華です!

冷やし中華によく使われる具材は、
錦糸卵、キュウリ、蒸し鶏、ゴマ
キクラゲ、わかめ、トマトなど
高たんぱくで糖質が低めのものが多くて
糖質制限になっているいい料理なんですが、
問題は麺です。

中華麺は1食分で72.4gも糖質を含んでいます。

この麺をアレンジして糖質を少なくする方法を
ご紹介します^^

そうめんかぼちゃ(金糸うり)

そうめんかぼちゃというものをご存知でしょうか?



ズッキーニなどと同じ部類の
ペポカボチャの一種で、
果肉が糸状になっていて、
ゆでたり蒸したりして加熱すると、
麺のようになるのです。

そうめんかぼちゃ(素麺南瓜)や
そうめんうり(素麺瓜)、
いとうり(糸瓜)、金糸うりなど呼ばれ、
英語でもスパゲッティ・スカッシュ
(Spaghetti squash)、
スパゲッティ瓜と呼ばれています。

最近は知名度が上がったようで、
スーパーなどで見かけるようになりました。

気になるそうめんかぼちゃの糖質の含有量ですが、
かぼちゃの仲間ですが、冬瓜や白瓜に近く、
100g当たり4.6gの低糖質食材です。

味は、瓜のような味で、
それほどくせがなくあっさりしていて、
しゃりしゃりした食感です。

そうめんかぼちゃの旬の時期は
7月~8月で、ちょうど冷やし中華の時期と
重なるんです^^

冷やし中華の麺をそうめんかぼちゃに
代えることで、糖質量が多いメニューを
糖質OFFにできるのです。

そうめんかぼちゃのゆで方

画像入りのわかりやすいレシピはこちらで

⇒ Cpicon 金糸うり (そうめんかぼちゃ)の食べ方 by ルンルン♪

そうめんかぼちゃの両端を切り落とし、
3cmくらいの厚みの輪切りにします。

中心部の種を取り除いて、
鍋に湯を沸かし、20分ほど茹でます。

浮いてくるので、落し蓋をするか、
鍋のふたをして、途中で上下を入れ替えて
ゆでるようにします。

果肉の部分に箸などを刺してみて、
身がほぐれてくるようなったら
湯で上がりです。

茹ですぎにならないよう、
水にさらして冷やします。

粗熱がとれたら、果肉をほぐしていきます。

輪切りを潰すようにすると
果肉がほぐれやすくなります。

ほぐした果肉をさらに水の中でほぐし、
麺のようにし、水を切って完成です。



冷やし中華にしていただきましょう^^

⇒ 冷やし中華のレシピ(クックパッド)

乗せる具材ですが、糖質的には、
加工食品のハムよりも蒸し鶏がベターです。

タレは、クックパッドのレシピのままで、
砂糖をエリスリトールにして手作りすれば
低糖質にできます。

⇒ エリスリトール [糖質制限 天然甘味料]

sp
スポンサーリンク