糖質制限ダイエットのメリットとデメリット

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

メリットとデメリット

糖質制限ダイエットとは、
食べ物に含まれている糖質を控えることで
ダイエットできる方法です。

効果がでやすいとの事で評判になっていて、
私も糖質制限ダイエットのことを知り、
パスタやピザやスイーツが好きで
炭水化物や甘いものなど、
糖質をを食べ過ぎている自覚があったので、
糖質制限をしてみたところ、
1ヶ月で5kgするっとダイエットできました^^

⇒ 私の糖質制限ダイエットの詳細

その糖質制限ダイエットですが、
いい点もあれば悪い点もあります。

メリットとデメリットをまとめてみました。

糖質制限ダイエットのメリット

「糖質」とは、実は、体を動かすための
エネルギーとして使われている
大切な成分のひとつなのです。

ただ、この糖質を摂り過ぎると、
急激に血糖値が上昇してしまい、
上昇した血糖値を下げるために、
体内でインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには脂肪を溜め込む働きがあり、
糖質の摂りすぎは肥満に繋がりやすくなります。


糖質は炭水化物など、
色々な食品に含まれているのですが、
現代の食生活では、必要以上に簡単に
糖質が摂れるようになってしまっています。

食事をした後、うとうとと
眠くなってしまうことがありませんか?

これは、体内のインスリンが
急に上昇した血糖値を下げようとして、
一時的に低血糖の症状が出てしまうために
あらわれる症状なのです。

糖質の摂取量を控えることで、
うとうとしてしまうのを防げるので、
食後に眠くなりがちな人や車の運転をする時などに
効果を発揮します。


また、糖質制限すると、ホルモンのバランスを
上手くコントロールすることができ、
女性の場合、生理痛やPMSの症状を
改善することができます。

糖質制限のデメリット

糖質は、体のを動かすためのエネルギーなので、
その摂取量が減れば、脳は、骨や筋肉から
栄養を集めるように命令を出してきます。

それがダイエットに繋がるのですが、
過激な糖質制限をすると、
骨や筋肉まで減ってしまい、
代謝の力も同時に下がってしまって
かえって太りやすい体質になってしまうことも。

すべての食事において
糖質を制限するのではなく、
食事や間食に食べているものの
内容を見直したりして、
食べ過ぎている糖質を減らすのがおススメです。

私も、朝食のパンとジャムを低糖質にし、
夕食のご飯をやめてたんぱく質を含むおかずを増やし、
昼食やおやつはこれまで通りにして、
いつもの食生活の中での
糖質の比率を減らすようにしています。

タレントのローラさんも、
夕食に炭水化物を取らない生活を
十代から続けているそうですよ^^

まとめ

効果がでやすい糖質制限ダイエットですが、
過激な制限は禁物です。

自分の食生活の中で、上手に摂取量を
制限するようにしましょう。

sp
スポンサーリンク