私の糖質制限ダイエットレシピ

Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

糖質制限で5kgダイエット

ダイエット後のお約束の写真を
撮ってみましたw


軽い糖質制限を始めて、1ヶ月ほどで

 体重 57kg → 52kg
 ウエスト 70cm → 63cm
 服のサイズ L(11号) → M(9号)

おデブ体型だったのが、
ややぽっちゃりにダイエットできました。

私は、40代女性で、身長は162cmです。

52kgまで減った後は、
体重はほとんど変化しないので、
これが、今の私の食生活やライフスタイルから
はじき出される数値のようです。


私は、スイーツやパスタやピザ、
パンなどの炭水化物が大好きです。

当然のごとくそれがたたって、
以前の私はずっと、胴体にたっぷり
お肉がついていて、上から見下ろすと、
ぽっこりしているお腹の方が
胸よりでっぱっていて、
胸の下に1段、その下にぽっこりお腹で
もう1段の、2段腹になっていました。

また、ブラジャーから背中の上下にハミ肉があり、
ウエストの周囲に浮き輪みたいな
ぷにょぷにょのお肉がまとわりついていて、
ベルトの上にそのお肉が乗っかっていました。

糖質制限食で、ぽっこり2段腹やハミ肉や
浮き輪がすっかりなくなって、
お腹がぺたんこになって体が薄くなり、
長年、お肉の地層に埋もれていたくびれが
久々に発掘されましたw

また、長年の腰痛が改善し、
いい姿勢でいられるようになり、
全身のお肌に透明感がでてキメ細かく
ツルツルになりました。

私の糖質制限のレシピ

炭水化物や甘いものが
私が太っている原因だとわかってはいても、
意思が弱くて、食事制限をして、
食べるのをがまんするのは
何度やっても長続きせず、
ちょっと痩せては
すぐにリバウンドしていました(^^;

糖質制限や低炭水化物というものを知り、
低糖質の別の食材に置き換えることで、
炭水化物や甘いものに含まれている
「糖質」の摂取量を減らすと、
食事制限なしでダイエットが
できるらしいということで、
実践してみることにしました。

朝ご飯(パンやジャムの素材を切り替え)

パンとジャム
子供の頃からずっと、朝食には、
パンに、イチゴやブルーベリーの
ジャムを塗って食べてきました。

ここ数年は、パン好きが高じて、
自分でパンを焼いたりもしていました。

パンが大好きで、朝食=パンという
習慣は変えたくなかったので、
パンの素材を低糖質に
切り替えることにしました。


最初はふすまのパンに
切り替えてみたのですが、
ちょっと苦味や癖があり、
ホームベーカリーで簡単に使える
大豆粉のパンミックス粉を見つけて、
焼いてみたところ、小麦粉のパンと比べると
ややぼそぼそはしていますが悪くはなくて、
大豆粉のパンを食べるようにしました。

⇒ 大豆パンミックス粉

食パン1斤分を8枚切りにすると、
1枚に含まれている糖質の量は、
小麦粉のパンだと、22.5g、
ふすまのパンだと、2.25g
大豆粉のパンだと、2.5gほどです。


パンに塗るジャムも、通販のテレビ番組で知った
低糖質のものに切り替えました。

⇒ ウォルデンファームスのシロップ

これを使うと、大豆粉のパンのぼそぼそも
すっかり解消されてしまいます。

味も美味しくて、
甘いものが食べたくなったときには、
このシロップを入れた紅茶を飲んだり、
お豆腐を泡だて器でまぜて
クリーム状にしたものにかけて
食べたりして、満足しています。


パンの方は、あと、気分転換で、
ローソンとナチュラルローソンにある
ブランのパンを買ってみたりもしています。

⇒ ローソンのブランのパン

ブラン(ふすま)の癖が少しありますが、
菓子パンのようになっているものなど
種類もたくさんあり、美味しく食べられます。

人気があるようで、けっこう品薄ですw


ということで朝食は、
素材を代えて糖質の量は少なくなっていますが、
食べる量や食べ方はこれまでと同じです。

昼ご飯とおやつ(以前と同様)

会社の同僚たちとランチを食べ歩いたり、
15時頃に少し休憩時間をとって、
みんなで持ち寄ったお菓子を食べていて、
社内コミュニケーションの一環なので、
ここは変えていません。

夕ご飯(白米をやめてたんぱく質を摂取)

豆腐料理
お米を食べるのをやめて、
代わりに、お豆腐を食べたり、
卵をお味噌汁に入れたり、
おかずをちょっと多めに作ったりして
たんぱく質を多く摂るようにしました。

ご飯一膳の糖質は36.8gです。

シチューなど、パンと一緒に食べたい
メニューの時は、大豆粉やブランのパンを
食べています。

お米を食べなくなったことで、
便秘やら空腹感を感じるなどの
弊害がでたことはありません。

お肌の質が改善したのは、
夕食時のたんぱく質の摂取量が増えたことと、
お豆腐をよく食べるようになったので、
大豆に含まれているイソフラボンによる
女性ホルモンの効果かもしれません。

砂糖をエリスリトールに変更

エリスリトールという、
甘くて、砂糖のように使えながら、
体に吸収されないので血糖値を上げず、
カロリーもゼロという甘味料を
砂糖の代わりにお料理に使っています。

⇒ エリスリトール [糖質制限 天然甘味料]

サプリメント(マルチビタミンを糖対策のものに切り替え)

以前はマルチビタミンのサプリメントを
飲んでいたのですが、
糖の働きを抑えながら、さまざまな有効成分も
含まれているサプリメントに切り替えました。

⇒ サラシアプラス

昼食とおやつ、夕食のおかずの素材では
糖質制限をしていないので、
このサプリメントの効果を期待しています。

運動(簡単な運動を毎日)

ダイエットには食事と運動をセットで、
というセオリーをよく目にしますが、
私は運動が苦手で、体を動かす習慣がなく、
ダイエットになるかと、トレーニングや
ダンスやヨガのDVDを色々試しましたが、
1回に1時間前後時間がかかる上、
運動不足の私にはキツくて、
どれも続きませんでした(^^;

結局、太陽礼拝のポーズという
1回4分ほどの簡単なヨガを
糖質制限を始める前から続けています。

糖質制限前は、これをやっても
特に体重や体型の変化はなかったのですが、
体を動かすのにじゃまなお肉がなくなったら
以前よりもヨガのポーズがやりやすくなりました。

これで、骨盤のゆがみが整ったり
体が柔らかくなったりして、腰痛が改善されたり、
いい姿勢がとりやすくなったかと思っています。

骨盤を補正する下着

随分前から腰痛が続いていて、
骨盤のゆがみを整えてくれる効果を期待して、
糖質制限を始める前から、
骨盤を補強する下着を使っていました。

ガードルやスパッツは苦しくて続かないので、
ショーツタイプのものを常に身につけています。

⇒ 骨盤矯正下着(ショーツタイプ)

この補正下着は加圧効果があるのですが、
体重が減って、内臓脂肪が取れて
骨盤内の邪魔な物が消えたのか?、
以前よりも骨盤矯正下着による
腰周りの締め付け感が実感できるようになり、
胴体部分のお肉を取ったり
腰痛の改善に貢献してくれているかと
思っています。

もっとも腰痛の方は、ただ単に体が重かったり
骨盤周りに脂肪が貯まっていたりして、
腰に負担がかかっていたのかも
しれませんが(^^;

まとめ

体重計

実践し続けているのは、

  • 朝食のパンとジャムを低糖質に
  • 夕食のお米をやめてたんぱく質を増やす
  • 砂糖をエリスリトールに変更
  • 糖の働きを抑えるサプリメント
  • 簡単なヨガを毎日
  • 骨盤補正下着を常用

これまでの生活とそれほど変わりがないので
ストレスを感じず、
ダイエットしている自覚もないまま、
これまでずっと失敗続きだった
ダイエットにあっさり成功できました^^


これまで失敗してきたダイエットは、
そもそも効果がでなかったり、
実践中には効果があっても、
やめるとリバウンドして元に戻ってしまったり、
長続きさせられないものばかりでした。

その経験から、効果があって、
無理なく一生涯続けられるような方法を
見つけられたらいいなと思っていました。

現在やっている糖質制限なら
まったく無理がなく、ずっと続けられます。

ようやく私に合っているダイエットに
出会えたようです^^

sp
スポンサーリンク